旅好きDの “まいにちミルクティー”

旅のキオク、日々のキロク、紅茶のミリョク つづります

MENU

【本格チャイをおウチで】金沢市「ハグミトンワークス」のスパイスチャイ用茶葉を試してみた!

茶葉と牛乳を煮出して作るミルクティー

「チャイ」。

 

最近はチャイ人気が高まっていて、手軽に作れる便利なスティックタイプのものやリキッドタイプの商品も良く見かけるように。ミルクと混ぜるだけで完成するものは飲みたい時にさっと作れるので重宝します。

関連記事

my-milk-tea.com

さらりと飲みたい場合は、上のような商品がピッタリですが、しっかりスパイスが効いたものがいい!という時は 色々なスパイスを揃えて配合して煮出して…。

 

あれ…?ちょっと面倒でハードルが高い!

とためらう人も多いはず。

 

そんな方にぜひオススメしたいのが、金沢市のベーグル屋さん「ハグミトンワークス」の「オリジナルスパイスチャイ」です。 

アッサム茶葉7種類のスパイスを独自に配合した商品で、

 

本格的なチャイ

コレ1つで作れます!!

 

実際に試して飲んでみました!

チャイ好きにもチャイデビューの方にもオススメ。

ネットでも買える=全国の皆さんが楽しめます。

ハグミトンワークス ベーグル・焼き菓子が人気!

金沢市にある「ハグミトンワークス」は、素材にこだわったベーグルと焼き菓子・ケーキが味わえるお店。

どの商品も本当においしいので、ファン多数!いつもにぎわっています。

ハグミトンへの愛?あふれる記事も合わせてご覧ください 笑

関連記事

my-milk-tea.com

 

名物の本格チャイをおウチでも!

お店の名物ともいえるのが「オリジナルスパイスチャイ」です。

しっかりスパイスがきいたチャイはアイス・ホットともに1杯450円(税別)。

イートインもテイクアウトでもOK!

その味をおウチでも作って楽しんでね!というステキな商品が「オリジナルスパイスチャイ」の茶葉です。

 

チャイ用茶葉は「ハグミトンワークス」のお店に入ってすぐ左側の物販棚にあります。

 

くすみブルーのオシャレなロゴペーパーにくるまれた茶葉は、100g入り・1袋1220円(税込み)

 

サンプルも置いてあって、中のイメージがしやすいのも嬉しい!

開けると…こんな感じ!

作り方(レシピ)が書かれた紙も一緒に入っています。

茶葉の袋を開封したとたんに、めっちゃスパイスの香りー!!キタキター(∩´∀`)∩

 

チャイ用のインド・アッサム茶葉(濃く早く抽出しやすい細かい茶葉)に、カルダモン、クローブ、シナモン、ペッパー、ジンジャー、ターメリックなどのスパイスがブレンドされています。

 

見るからにゴロゴロとスパイスが主張していて、どれがどれかな~と思わず見入ってしまうほど。

赤くて丸い粒は、辛味が控えめでさわやかな香味が特徴の「ピンクペッパー」。

ターメリック(うこん)はパウダー状で、薄緑色のカルダモンや小さなマイクのような形をしたクローブはそのまま入っています。

 

店頭のPOPには「7種類のスパイス」とあったので、あと1つは多分…スターアニス(八角)と予想 笑

レシピには7g~10gでチャイ1杯分、とあったので、1袋・100gで10杯~14杯分が作れますね!

 

 

ホットチャイの作り方

作り方の紙を参考にして作っていきます!

まずは、ホットチャイから!

 

①小鍋に茶葉(1杯分・7g~10g)と水(1杯分・120ml~150ml)を入れて火にかけます。

 

②沸騰したら弱火にして3~5分煮出します

 

③牛乳または豆乳(1杯分・150ml)を加えて沸騰直前で火を止めます。(牛乳を煮詰めないことがポイント!)

 

火を止めてまだ熱いうちに砂糖を入れて甘さを調節し、茶こしで濾して完成!

お店いわく「チャイは甘めに作るのがオススメ」とのこと!私は小さじ2杯のざらめ糖を入れました(カロリーは気にしない)。

スパイスのいい~~香りがあたり一面たちこめて幸せな気分。

自分で作ったホットチャイの味は…

 

 

うおおお、

めっちゃスパイシー!( ゚Д゚)

 

 

まってまって、お店で飲んだチャイよりスパイスが効いている気が…。

1杯分を10gで作ったからかな??

かなりパンチのあるチャイに仕上がりました 笑

砂糖で甘さもあるから1杯で大満足。

 

うん、これはこれでアリだなー!笑

 

 

後日、ためしに1杯を7gで作ったところ…

 

お店と同じチャイの味!( ゚Д゚)

 

ほどよくスパイスが効いていて、飲みやすいー!

 

茶葉の量で味を調整できるっていい!

しかもこんなにわかりやすく違いがあるのは面白いですね。1杯7g~10gでどの辺が自分好みか見つけるの楽しそう!

 

チャイに合う砂糖って?

本場・インドのチャイは熱くて甘~い飲み物。砂糖がたっぷり入れられています。

砂糖にもいろんな種類があり、グラニュー糖・上白糖・三温糖・ざらめ・てんさい糖・黒糖などなど…

色々試してみて感じたチャイにオススメの砂糖」を2つご紹介します。

 

①紅茶の風味を損なわない&サラサラで使いやすい「グラニュー糖

これはストレートティーほど良さが実感できますが、チャイでも“甘み”だけを足すには適役だと思います。スティックタイプや角砂糖などもあって誰でも使いやすい点も高ポイント!

グラニュー糖&中ざら糖

②グラニュー糖より粒が大きくコクのある「中ざら糖(ざらめ)

グラニュー糖と同じく純度の高い砂糖ですが、結晶が大きく、ゆっくりと溶けていくのが特徴です。煮物や和菓子に使われるように、煮出して作るチャイにもピッタリ。コクが増して美味しくなります!

ちなみに、インドでは「白ざら糖」が多いそうです。砂糖によってチャイの味も変化するので、ぜひ色々と試してみて下さい!

 

アイスチャイの作り方

アイスチャイは、ホットチャイを冷ますのではなく、チャイの原液(ベース)を作って牛乳で割ります。

①鍋に水(1杯分・150ml)と茶葉(1杯分・7~10g)を入れて加熱します。

②沸騰したら弱火にして3~5分煮出します。

ここまではホットチャイと同じです。

 

③火を止めて茶こしで濾します。こうするとチャイベース(原液)ができます。私はたっぷり4杯分くらい作りました 笑

 

冷蔵庫で冷やしてから使うのがオススメです。

グラスにチャイベースを注いで、牛乳や豆乳を注げば…

アイスチャイの出来上がりー!!

 

こちらはどうかな…?

 

お店の味とほぼ同じ!( ゚Д゚)

 

さっぱり爽やかなチャイです!

ホットに比べるとスパイス感は控えめになりますが、すーっとしたのど越しとほんのり香りがあって美味しいー!

 

お店のPOPにこんなことが書いてありました。

 

ということで、夏は日持ちがするチャイベースを作って冷蔵庫にストックしておくと、いつでも美味しいアイスチャイが楽しめます。

 

ホットチャイ、アイスチャイ。

それぞれどちらも美味しい!

 

これはお店で買った時もそうですが、ホットチャイの方がスパイス感がより楽しめます。特に自分で茶葉の量を調整して作れるので、自分好みの濃さで味わえるのがこの商品の利点ですね。

 

茶葉はオンラインショップでも購入可!

オリジナルスパイスチャイ」(1220円・税込み)の購入は、金沢市のハグミトンワークス店頭のほか、ハグミトンワークスのオンラインショップでも可能です。

オンラインショップでも買える! ※公式HPより参照

オンラインショップにはクッキーやグラノーラなど、体にやさしい材料を使ったこだわりのおやつもあるので、実店舗から遠い地域の方でも「ハグミトンワークス」の味を楽しんで頂けるはず!

見た目もかわいい商品が多いので、ギフトにもオススメです。

hug-works.shop-pro.jp

 

生活に紅茶とスパイスを取り入れて、暑い季節も寒い時期も毎日元気に過ごしたいですね!

関連記事

my-milk-tea.com

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

 

ではまた!