旅好きDの “まいにちミルクティー”

旅のキオク、日々のキロク、紅茶のミリョク つづります

【旅好きへの道④】原付バイク 直進左折でどこまでも!そしてバイト中にまさかの…

おはようございます!

旅好きDです。

旅好きになっていく過程を連日、気ままに投稿しています。

前回はこちら。

 

my-milk-tea.com

 

京都での大学生活、相棒がチャリから原付に変わったのですが…はじめての試練に遭遇します。

 

自動二輪のような原付バイク

原付免許を取得し、勢いでローンを組んで買った私の初代相棒

YAMAHAのYB-1

ヤマハ | YAMAHA YB-1

 

2007年に生産終了しているらしく、今はもう新車としては手に入らない。50ccで本体の大きさはそれ相応だが、250ccや400ccの自動二輪の様な本格的ルックスと、クラッチ&変速機能搭載で、バイクっぽい原付として当時はそこそこ人気があった。

 

本当は自動二輪バイクに乗りたくてしょうがない私にとっては、「それっぽく見える」原付として最高の商品!と思い飛びついた。

 

ただ…、原付は基本的にアクセルをまわしたら走る、戻したら速度が落ちる、という単純な作りのものがほとんどで、1日で免許取得できるのもそのため。講習・実習ではもちろん、その一般的な機能の原付しか操作はしていない。

 

つまり、自分でクラッチ(ミッション特有のギアを上げ下げして動力をエンジンに伝えるための装置で、左グリップについている)の操作も体得しなければならない。自動二輪免許の講習を受けていればそれも全てできるが、私は自ら学ぶしかない!

 

とはいえ、私の周りにはバイカー男子がいっぱい!半クラッチ(ミッション車と同じで、失敗するとエンストする!)のコツを聞き出し、下宿していたマンションの近くの車通りの少ない場所でひたすら練習した。

 

半クラッチは基本の基本。さらにいうと、このYB-1はキックでしかエンジンがかけられない。つまり、エンストしてしまったら道の真ん中であろうがどこであろうが、いちいちキックで再始動するしかないのだ。

 

お~…こわっ。

 

 

いよいよ原付で公道デビュー!

練習を重ねたので、公道に出てみることにした。

キックしてバイクにエンジンをかけ、

いざ千本通りをゆかん!!

 

どこまで行くかって??

選択肢は2つ。

 

 

直進できるところ

左折できるところ

 

 

そう。右折は怖くてできない 笑笑

 

 

だって、エンストしたら死ぬほど焦るもん!!

パニクって、キックでエンジン再始動できる自信ない!!

 

 

てなわけで、それから毎日、直進と左折で行けるようにルートを考えてひたすら乗りまくった 笑 右折を使った方が格段に速いということは百も承知。とにかく慣れるまでは直進・左折のみ。

 

そういえば、ぺこぱのタクシー運転手ネタで、

 

松陰寺:運転手さん、そこを右に曲がって下さい

シュウペイ:わかりました~左ですね

松陰寺:いや左じゃなくて右です、じゃあ次の角を右に

シュウペイ:はい、左ですね

松陰寺:また左に行ってる、その次こそは右に!

シュウペイ:わかりました~

松陰寺:いや、左に3回曲がっ…たら右に行ってる!

 

…とかいうのがあった。

コレまさに当時の私のことだw

 

 

ただ、直進左折生活の中でも、

右折をすることがあった。

それは、車の数が少ない 深夜。

 

23時~2時頃にかけて、思う存分特訓した。エンストも何度かあった。エンジンを切った状態で道の端まで足で寄せていって、そこで再始動することもあった。10日ほどすればほぼ完ぺきに半クラッチを扱えるようになった。

よし!!

 

右折解禁!!

 

どんな方向へも行けるようになった私は無敵だった。もう、面倒臭い左回りもしなくていい。すると劇的に行ける範囲が広がった。京都市内を飛び出し、イナイチ(国道171号)で大阪へ!9号線で亀岡へ!24号線で宇治へ!

 

制限速度があってバイクほどの距離は行けないけど、チャリよりも明らかに遠くに行ける。こうなるともっともっと行ける気がしてくる!もっと範囲を広げたくなってくる!

 

乗りながら特に何をしている訳でもないが、チャリと同じで、初めて見る景色や知らない場所に行けることが楽しくてしょうがなかった。

 

 

ここに原付、置いてたよね?

そう思っていたある日のこと。

 

バイト先の店前に、いつものように原付をとめていた。しっかりとガチガチのワイヤーロックをして。18時にバイトが始まり、20時半頃に休憩のため近くのコンビニに出かけた。

 

原付はもちろんある。

 

ところが、バイトが終わって24時過ぎに店を出ると…

 

 

 

 

 

ない!!

 

ない!!!

 

原付がない!!!!

 

なんで??

さっきまであったのに

ガチの鍵もかけてたのに

嘘やろ??なんで??

 

 

バイト仲間とともに周囲を探しまくったが、見つからない。

これってもしかして。

 

 

盗難?

 

 

とりあえず、警察に連絡をした。

呆然とした頭で、久しぶりに3キロほどを「徒歩」で帰った。

 

 

次の日からは、チャリ生活に逆戻り。

原付のローンはまだ、1か月分しか払っていない。

残りが半年分もある。

 

 

田舎者は、警戒心が薄いというが…これのことなのか?

私はやっぱり甘かったのか?

 

1か月ほどもんもんと考えて過ごしていた。

 

 

 

あ、着信。

 

 

D「もしもし?」

電話「〇〇さんですか?五条警察署です。」

D「はい、あの、原付のことですか?」

電話「そうです、〇〇さんの原付ですが…」

 

 

 

続きは、また!

 

※五条警察署は現在の下京警察署です(時の流れを感じる…)