旅好きDの “まいにちミルクティー”

旅のキオク、日々のキロク、紅茶のミリョク つづります

【衝撃の事実】紅茶王国イギリスでは96%がティーバッグ派!

f:id:my-milk-tea:20210930111705p:plain

こんにちは!

旅好きDです。

 

紅茶教室に通いはじめて一番最初に

 

えっ!!まじで!!

 

と素敵な先生のお家で

ガチで声を上げて驚いた事実

 

イギリスで消費される紅茶の

96%がティーバッグ

 

今日はこの事実をお届けしたいと思います。

その理由を知れば、紅茶を身近に感じて

ティーバッグへの愛着がわきます!笑

 

イギリスでは96%がティーバッグ派

イギリス、紅茶…というと

どんなイメージでしょう?

きっと多くの人が

 

セレブなマダムたちが優雅に

アフタヌーンティーをたしなむ…

 

高級茶葉で毎日丁寧に紅茶を淹れ

オシャレなティーカップで飲む…

 

みたいな絵が浮かぶのでは?と思います。

私もそうでした。

 

“紅茶の本場”というイメージが

勝手に一人歩きしていて

茶葉から淹れるのが常識なんだろうな…

と思っていました。

 

 

そんな私に、超さらりと

紅茶教室の先生がひとこと。

 

 

イギリスで消費されている紅茶の

96%はティーバッグです。

 

 

 え?

 

ええ??

 

ええええええええ!!??

 

 

本当に?

 

紅茶王国ですよ?

 

お茶っぱ使ってるに決まってるでしょ?

 

 

D「先生…今の、本当ですか?」

 

先「そうなんですよ。

  イギリスでは毎日およそ

  1億杯の紅茶が消費されていて

  そのほとんどがティーバッグと

  思って頂いて結構です。」

 

 

な~~~~に~~~~??

 

イギリスでは黙ってティーバッグ!

 

 

なぜティーバッグが好まれるのか?

ティーバッグが主流になっている

理由はおもに3つあります。

 

飲む回数が多く、手間を省くため

イギリスでは1日に4~6回紅茶を飲む

まさに日常の飲み物です。

朝食・11時の休憩・昼食

時にはアフタヌーンティー・寝る前にも!

その度に茶葉を計ってポットで淹れて…

考えただけで大変です 笑

 

なので計量や片付けの手間も少ない

ティーバッグが手軽で好まれるんですね。

f:id:my-milk-tea:20210930111846j:plain

仕事の合間にもミルクティー さっと作って飲める!

中にはティーバッグを入れたまま

飲む人もいるそうです(゚Д゚;)

(イギリスのティーバッグは

 ひも無しが主流!)

 

“いつもの味”をすぐに作ることができる

おいしい紅茶を淹れるための三種の神器。

  1. お気に入りのティーバッグ
  2. お湯と牛乳
  3. たっぷり注げるマグカップ

皆、それぞれのお気に入りを

自宅キッチンや職場にストックしています。

いつも同じものを同じように使えば

間違いなく“いつもの1杯”ができます。

 

とても合理的ですね!(*'ω'*)

 

茶葉orティーバッグ?美味しければどちらでも!

イギリスでは

茶葉(リーフ)紅茶とティーバッグ。

「どちらの方が美味しい」という概念が

そこまでありません。

 

ティーバッグであろうと

リーフティーであろうと

美味しく淹れられるものが良い!

と考えています。

 

さっと作りたい時はティーバッグ

お客様にお出しするときはリーフティー

と、使い分けるのです。

 

1日4~6回、自分用に淹れるとしたら?

私もティーバッグを選ぶと思います 笑

 

総じて、

「いつものマグにいつものティーバッグ

 いつも同じ量のお湯を入れれば

 いつものおいしい紅茶になる」

こんなシンプルな理由でしょうか。

 

手軽で美味しい。最高ですね!!(・ω・)/

 

ティーバッグは紅茶を楽しむ最高の道具

以上を踏まえて…

紅茶のあるシーンを思い出してみて下さい。

あなたも一度は聞いたことがありませんか?

このセリフ。

 

「ティーバッグしかなくてごめんなさい…」

 

いやいやいや

何も恥じることはないのです!!

 

ちゃんと美味しく淹れられる!

そう考えると何だかティーバッグが

輝いて見えませんか?(`・ω・´)☆

 

 

紅茶王国イギリスで消費される紅茶の

96%はティーバッグ。

 

ちょっとした

話のネタにもなるかと 笑

 

 

そしてこのティーバッグがまた

面白いんです!!

  • おいしく淹れるコツ
  • 形のバリエーション
  • 袋生地の素材 

 

などなど…奥が深い!

知れば知るほど楽しい紅茶の世界です(・ω・)♪

 

さあ、あなたも今日から遠慮なく?

イギリスのみなさんと同じように

ティーバッグ派を宣言しちゃいましょう 笑

 

お読みいただき、ありがとうございました!

 

ではまた!